新着情報

平成29年 宇島公民館ふれあい学級

2017.08.11

平成29年7月13日(木)、宇島公民館様主催のふれあい学級にて、

当院院長による「認知症高齢者の病気と対応について」の講演と当院劇団による認知症対応劇をさせていただきました。

 

当日は多くの地域住民の皆様にご参加いただきました。

当初予定は40名程度とのことでしたが、73名もの住民の皆様がご参加くださいました。

 

 

 

 

 

初めに当院院長大川順司による「認知症高齢者の病気と対応について」お話させていただきました。

認知症によるもの忘れと単なるもの忘れのちがいについてや、ご家庭で気づきやすい認知症のポイント等を

わかりやすく説明致しました。

 

 

 

 

 

 

院長による認知症高齢者の病気についての講演させていただいた後、当院劇団による認知症高齢者の対応について、

良い対応と悪い対応を実演させていただきました。

今回は、同じことを何度も言う場合の対応と徘徊の対応について実演いたしました。

 

 

 

当院劇団員がお国ことば(豊前弁)で実演させていただきましが、時折参加者の皆様から笑いが起きたり、

対応の実演にうなづかれている参加者の方もいらっしゃいました。

 

今回も参加者の皆様にアンケートにご協力いただき、講演や劇のご感想を頂戴いたしましたが、

多くの皆様にご好評いただきました。また、ご意見やご要望も頂戴致しました。

このような場所は我々も地域の皆様の生のお声をいただける貴重なものですので、今回いただいたご意見等を

今後の地域医療に活かしていきたいと思います。

 

ご協力くださった多くの皆様、大変ありがとうございました!